サブブログ「A Warp Day」もよろしくどうぞ。http://nightburn.blog.jp/

いいよ

昨晩、ふいに、全自動の動作の一部のような脈絡のなさで涙が流れ、
それから、気持ちが沈んでしまって仕方なくなった。
なんでもなく涙が止まらなくなり、
つられて心が締め付けられる痛みにやられ、
なにがなんだかわからず、手にこぶしを作って、
爪の噛みあとを指の腹に残した。

朝になったら、少しは切り替わっているかな、
と、期待しながら夜を流した。
しかし、日が差したなか目を開けてすぐ、
涙がつつつと垂れていったのを感じると、
「ああ、ダメかあ」と嘆かわしく呟くしかなかった。

しかし、そんなうす暗い空間でもちょっとした光があるのは、
少し、私のなかに冷静な姿勢の自分がいることだ。
ただただ辛い心境になってのたうち回っているわけではなく、
その辛さにやられながら、他方で、
「なぜこれほど苦しんでいるのだろうか……?」
と原因究明と解決に努めている。非常に頼もしい。

そうやって、二面性の私がともにいるのは、
その理由が単純であるからだろう。
とっても疲れているのだ。
疲労が蓄積して、限界値に達しているからだ。

なにしろ、なんの理由もなく、
情緒が落ち着いているのに涙を流すことは、
それなりの背景がなければできる事でもないだろう。
そして、私にとっての「それなり」は、ただの疲労なのかもしれない。
だから、自分自身の警告に反応する私というのもいたのだろう。

今も、潮の満ち引きのように、
押しては引き、入っては戻り、の繰り返しのなかにいる。
少し押し気味だ。心に圧をかけられていて。

不思議だが、辛くなりかけている状態は、
ほんの少しだけ、なまめかしい心地になってしまう。
すぐあとに裏切られることがわかりながら、
「いいよ」と抱き寄せるような、
あきらめと甘さと優しさが絡まった心地が、静かにせり上がっていく。

f:id:sokobiemoon:20170612181637j:plain


一連の、すべての感覚と感情を含ませた「辛さ」を背負う。
この病気になって8年にもなるが、
まったくつかめていない。
やっとつかみかけたときに、
心に揺さぶりをかけ、崩していく。
長い付き合いだと思うが、
これからも続くだろうなあ。

どうにか手懐けたい。
身がもたない。

広告を非表示にする